わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

2016年 9月 の投稿一覧

金融緩和の円安効果は?なぜ効果が薄いのか

日本の主要な貿易相手国の通貨に対して円がどの程度の強さなのかを示す指数に「名目実効為替レート」があり、数字が小さくなれば円安、大きくなると円高を現わします。日本銀行が推計する指数によると、異次元金融緩和策の導入前日(2013年4月3日)は106.53だったのに対し、2015年6月8日には85.63まで低下しました。その後2016年6月21日には106.86になると反転し、結局円レートは金融緩和策前の水準まで戻ってしまいました。

 

続きを読む

30代から資産形成を始めませんか?

現在貯金は0円という人が、1,000万円の資産を築くために行うことが「資産形成」です。資産形成を行うには、収入を増やし支出を減らす、そしてお金を貯め、さらに増やしていく必要があります。20代のうちに稼ぐことに集中して30代から資産形成を本格的に実施すると良いでしょう。

 

続きを読む

資産形成層がNISAを活用すると良い理由

イギリスのISAの日本版と呼ばれるNISAは少額投資非課税制度が採用されており、非課税枠が年間120万円まで設けられています。NISAは資産形成層が資産を有効に活用できる商品で、将来必要になる資金の準備をしたいと考えている人に適しています。

 

続きを読む

個人年金の解約返戻金を受け取った時に課税される税金とは?

老後の生活の支えとして貯蓄を目的に個人年金保険に加入している人もいるでしょう。ゆとりを持ってセカンドライフを送るには、国民年金や厚生年金など公的年金だけで賄っていくことは厳しくなるだろうと誰もが感じているはずです。老後の生活に不足する分はそれぞれ個人が自助努力で積み立てていくしかありません。個人年金保険は年金形式で受け取りが可能となるため、老後の支えになる保険商品だと言えます。

 

続きを読む

将来の生活費が不安。年金って本当にもらえるの?

2018年度から、公的年金は額の伸びを抑える年金制度改革関連法案が決定されました。少子高齢化や金融情勢を考えた上での判断だと言えますが、年金は払っても本当に受け取ることができるのかと考える人も多くいます。年金制度や行政だけでなく、日本に期待できないと感じる若者も増える中で、本当に年金を将来受け取ることができるのかが不安視されている状況です。

続きを読む

日本銀行のマイナス金利付き量的・質的金融緩和とは?

日本銀行法では日本銀行の金融政策の理念を、物価の安定を図ることを通じながら国民経済が健全に発展することです。物価の安定が重要になるのは経済活動や国民経済の基盤に大きく影響するからと言えます。個人や企業は物やサービスの価格を手がかりに消費や投資を実践していくかを決定していますが、物価の変動が大きくなるとそれぞれの価格を見ながら個別に判断していくことは困難になります。さらに資源分配は効率的に行われなるなど、所得配分にも影響を与えてゆがみを作ります。

 

続きを読む

マイナス金利は預金封鎖の一歩?戦後の預金封鎖とは?

日本銀行のマイナス金利政策は2016年2月16日にスタートしました。マイナス金利政策によって景気が回復したのかと言えば決してそうではなく、株も為替もふるわない状況です。マイナス金利が幕を開けた日と同じ日に、過去に日本で断行された預金封鎖をご存知でしょうか?預金封鎖が断行されたのは戦後の1946年2月16日でしたが、現在日本の中枢・財務省内において水面下で21世紀版の預金封鎖について議論が行われているようです。

 

続きを読む