わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

よく読まれてる記事

一般的な貯蓄の総額はいくら?資産の中身は?

53d8ef3efebc8ae129e190f5c8fc61da_s

貯蓄を始める時には、一般的に他の人がどのくらいのお金を貯めているのか、どのくらい貯めれば良いのかが気になるという人も多いと思います。
実際どのくらいの額が貯蓄されているのか、何で資産を保有しているのかなどを参考に考えてみると良いでしょう。

続きを読む

貯蓄には資産運用が不可欠!おすすめの運用方法とは?

1982a441b9e75242cb9f54ceaef414a1_s

資産形成に最も重要なものは時間です。資産を作ることを考えた場合、資金が手元にないことで諦めてしまうことがあるかもしれませんが、時間があればコツコツと資産を増やすことができます。
資産形成のためには資産運用が必要になりますが、積立投資を検討してみると良いでしょう。

続きを読む

貯蓄の方法は何がいい?効率的にお金を運用するには?

274122b394996dcc766774e82f1bdf0e_s

コツコツ貯めた貯金やボーナスを受取った時など、ある程度まとまった資金ができた時には金利が高めの「定期預金」など貯蓄の方法として活用を検討する人も多いと思います。
しかし現在は超低金利時代と言われるほど金利も低く、定期預金でお金を増やすことは期待できません。

続きを読む

資産形成は銀行預金にお金を置くだけで本当に安心?

ff513bc4a4a6e429b76edf424bc5eb5f_s

資産形成という一から自分の財産を築きあげるために、金利は低くても元本が保証されるから安心だと銀行預金を活用している人は多くいます。
確かに安心できるという部分では、他の運用方法と比較すると活用できますが、あまりにも銀行預金を特別視しすぎると資産形成をする上でマイナスになることも考えられますので注意しましょう。

続きを読む

投資信託選びの基準は純資産総額の増加を見るべき?

57081f02482ba4f1b0d5aaf73f70dfb3_s

投資信託を選ぶ時に過去の基準価格の推移、そして今の純資産総額について確認してから決めるという人も多いでしょう。
しかし投資信託選びに重要なポイントとなるものに、総資産総額があることを忘れないようにしてください。
投資信託は様々な種類があり、どれを選んで良いか迷ってしまう可能性があります。そのため投資信託選びに総資産総額を確認する必要性について理解しておきましょう。

続きを読む

共働き家計のやりくりで貯蓄ができないのはなぜ?

MAX86_meganekui20141123111207_TP_V

今年は絶対に貯蓄を増やすと決断したものの、夫婦で共働きしているのにちっともお金が貯まらないと頭を抱えている家庭もあるようです。
では毎月受取っている給料を、いったいどのように使えばお金を貯めることができるのでしょう。

続きを読む

金利が変動するタイプの個人年金とは?

S20170330255314_TP_V

生命保険会社から販売されている個人年金の多くは、契約時の利回りと言える予定利率を元に保険料と受取る年金額が確定するといった形が一般的です。
その一方で利率が変動するタイプの個人年金もあり、市場金利に合わせて随時見直しが行われるといった特徴があります。
変動タイプの個人年金は契約時の段階で将来受け取ることができる年金額は確定していません。今後日本の景気が良くなれば、年金額の増加が期待できると考えられます。
ただし今後も金利の上昇見込めない状態が続けば、結局増額されることになく年金を受取ることになる可能性もありますし、さらに利率が下がるという可能性もあることは理解しておきましょう。

続きを読む

投資信託選びはまず目的をはっきりさせてから!

6ae2f71e809d073d1fd8224f03182249_s

投資信託は、運用をファンドマネジャーに任せることができ、月々少額で投資できることから、比較的初心者でも手軽に始めることができます。そのため資金の運用を検討する際に投資信託を選択する人も多いでしょう。
しかし投資信託には色々な種類があります。どのファンドを選ぶのか迷ってしまうかもしれませんが、まず大切なのは投資目的をはっきりとさせることです。投資目的によって投資信託を保有する期間が決まり、購入するファンドが変わります。

続きを読む

貯蓄を成功させるためにみんなが実行している技とは?

13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s

普通に生活を送り、特に贅沢などしていなくてもお金をなかなか貯めることができないという人、それなりに貯蓄はあるけれどそこから増えないという人など、貯蓄の技を身に付けることで1,000
円も夢ではありません。
また、現在貯蓄がゼロという人の場合、今から貯めようと思っても高額すぎる目標設定をしてしまうと現実味がなく途中で諦めてしまいがちです。その場合にはまずは100万円を目標にして貯めていくようにしましょう。

続きを読む