わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

よく読まれてる記事

個人事業主が2階部分を補うために加入したい年金とは?

S20170330435914_TP_V4

日本の公的年金は、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が対象となる「国民年金(基礎年金)」、会社勤めの人が加入する「厚生年金」の2階建てになっています。
生活スタイルによって加入する年金と保険料が異なる事になりますが、会社員や公務員などは国民年金と厚生年金に加入するのに対し、個人事業主など自営業者や学生、専業主婦、無職の人などは国民年金だけに加入する事になります。

続きを読む

投資信託による取引で確定申告が必要なケースとは?

SAYA072160333_TP_V4

投資信託は売った時に得た売却益である「譲渡所得」、そして受け取った分配金である「配当所得」に対して税金が課税されます。
ただし投資信託の種類が「株式投資信託」なのか、それとも「公社債投資信託」なのかで税金の取り扱いが異なりますが、株式の組み入れができるものは株式投資信託、株式は組み入れないものは公社債投資信託です。

 

株式投資信託の譲渡所得は申告分離課税

株式投資信託の譲渡所得には、他の所得とは合算しないで分離して税金を清算する申告分離課税で10%課税されます。
株式投資信託の換金方法には買取請求と解約請求という種類がありますが、いずれの換金方法でも譲渡所得となります。

・売却や償還した時の損失は譲渡所得と通算できる
申告分離課税の場合でトータルした時の損失は、配当所得と譲渡損と損益通算ができます。損益通算は利益と損失を合算して、最終的に利益なのか損失なのかを算出する事です。仮にマイナスが残る場合には損失を3年間繰り越す事ができます。

 

公社債投資信託の譲渡所得は非課税

公社債投資信託の譲渡所得は非課税なのでメリットが大きいと思うかもしれませんが、譲渡損が発生しても他の所得と通算できませんので切り捨てになる事を理解しておきましょう。

 

配当所得は分配金は種類によって課税される仕組み

分配金にも種類があり、運用の収益に基づいた「普通分配金」は課税対象になりますが、元本の一部を払い戻す「特別分配金」は課税対象にはなりません。特別分配金は自分のお金が戻って来るだけなので、非課税なのは当然と言えるでしょう。
普通分配金に対する源泉徴収税率は10%ですが、公社債投資信託の収益分配金は利子所得に該当するので20%の源泉分離課税が掛かります。
株式投資信託の譲渡所得や配当所得の税率は20%で、2013年から2037年までの25年間は復興特別所得税(付加税)が2.1%上乗せになります。

 

結局確定申告が必要なのは?

株式投資信託の譲渡所得は原則として確定申告が必要になりますが、会社員で1年間の給与以外の所得金額の合計が20万円以下なら申告は必要ありません。そのため譲渡所得が20万円以下なら確定申告する必要がないという事になります。
配当所得は事前に源泉徴収されますので確定申告の必要はありませんが、給与所得が2,000万円超の人、譲渡所得などが20万円を超えた人は確定申告が必要です。

 

損益通算する場合には注意!

なお、取引している口座が特定口座で源泉徴収されるタイプであれば、納税は証券会社経由で行われていますので確定申告する必要はありません。
ただし複数の口座を使っている場合には注意しましょう。他の口座と損益通算して税金の還付を受ける場合や、余った損失を翌年に繰り越す場合にも確定申告が必要です。

資産形成の投資信託選びにランキングを参考にしても良い?

6a33c2f49601f0923c3c89cce41aef97_s

将来のために資産形成が必要だと言われても、実際何から始めれば良いのかわからないという人もいるでしょう。
まずは現状を把握し、生活を送るために必要なお金を何でいくら得ているかを確認していください。
もっとも多いのは、やはり会社員など毎月働いた分を給料として受取っている人だと思いますが、毎月の所得からは税金や社会保険料などが差し引かれるので、実際に使える手取り額(可処分所得)は少なくなります。

続きを読む

個人年金保険に入ると良いタイミングとは?何で判断する?

cc0160170610_TP_V4

2017年4月から金融庁が定める標準利率が4年ぶりに引き下げとなり、史上最低と言われる0.25%になりました。
日銀のマイナス金利政策が大きく影響していますが、この標準利率の引き下げに伴う形で生命保険会社は保険の運用利回りと言える「予定利率」を引き下げています。

続きを読む

資産形成層にぴったりの「つみたてNISA」が2018年から開始!

OZPA_maiine_TP_V4

一般的には30歳、40歳は「資産形成層」と呼ばれる世代ですが、収入が安定し初めて資産をこれから作るというスタート地点にいる世代です。
この資産形成層にとって、年金受給の引き上げや年功賃金の崩壊などにより老後の備えが重要な課題となっています。
そんな資産形成層がこの先自身の資産を形成していくにあたり、検討したい金融商品が販売される予定です。

続きを読む

世帯貯蓄が過去最高なのは高齢者が平均額を上げている?

PAK86_MBAnogamenwonozokubiz20131223_TP_V4

総務省の2016年の家計調査報告では、2人以上世帯の平均貯蓄は前年比よりも0.8%増えた1,820万円である事がわかっており、4年連続増加しています。
この調査の過半数を占めているのが60歳以上の世帯主の世帯で、その平均貯蓄は2,385万円でした。
しかし全体の3分の2の割合に該当する世帯の貯蓄額は平均貯蓄額を下回っていますので、年齢が高いほど貯蓄が多く、高齢者が増えた影響で平均貯蓄が増えていると言えるでしょう。

続きを読む

個人年金保険はおすすめしない?その理由とは?

IMGL8654171031_TP_V4

自分が老後を迎えた時に、安心した生活を送る事が出来る様にと個人年金保険に加入して備えている人も多いでしょう。
個人年金保険は、支払った保険料総額を上回る年金を将来受取る事が出来るので、老後の備えとして安心だと考える人もいるでしょうが、おすすめしないという意見もあるのでどの様なデメリットがあるかを確認しておきましょう。

続きを読む

マイホーム購入のためには貯蓄が必要!いくら貯めれば良い?

64-2

貯蓄はそれほど無いけれど、やっぱりマイホームを買う夢は諦められない!とコツコツ資金を貯めている人もいるでしょう。
マイホームを購入してからも長期に渡って住宅ローンを払い続けていかなくてはいけないので、できるだけ早く購入したいものです。
そのため、どのくらい資金を貯めておくべきなのか、どうやって貯めていけば良いかなど確認していきましょう。

続きを読む