わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

よく読まれてる記事

貯蓄の増やし方は人によって様々!自分にあった方法を探そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なんとか貯蓄を増やしたいというかたは多いはずです。大きく分けて貯蓄を増やす方法は3つしかありません。
1.出費を減らしてお金を節約する
2.働いて(副業で)収入を増やす
3.お金を投資する
この3つです。その中でも今回は出費を減らしてお金を節約する方法を中心に貯蓄の増やし方をみていきましょう。

出費を減らしてお金を節約する

毎月の給料の大部分を生活するだけで使ってしまっているという人はまず生活の見直しをしましょう。人にもよりますが、この「節約」だけで毎月1~3万円を増やせる可能性があります。

・お金を管理する
何にいくら支払っているかを全て自分で把握している人はあまりいません。無駄な出費はないか、その原因をつかむために、まず収支の管理から始めましょう。

・銀行口座を3つ作ってお金を管理する
収入用の口座:給料などの収入だけを振込む口座です。そこから支出・貯蓄の口座に振り込み、残額を生活費として使います。
支出用の口座:家賃や光熱費などの毎月ほぼ変動しない固定費の口座です。
貯蓄用の口座:貯金する専用の口座です。

「消費」を見直してお金を増やす

消費は家賃、食費、光熱費、携帯代など生活をするうえで必要な費用のことを指します。無理が無い範囲で消費を見直しすれば毎月1万円程度お金を増やすことができます。例を挙げると、携帯電話やネットなどの通信費の見直しです。格安SIMに切り替えたり、携帯とセットで安くなるプランなど安くする方法は結構あります。
他にも、光熱費は電気・ガスの自由化により供給会社を見直せば簡単に料金を下げることができるようになりました。

「浪費」を見直してお金を増やす

浪費は「タバコ・お酒」「飲み会」「遊興費」などの無駄づかいのことを指します。例えばタバコは体にも悪いですし、仮に一箱を2日で吸う人だと、15日×440円(タバコの相場)=6600円ものお金がかかります。この他にもライターやタバコを吸うときに缶コーヒーを買う人も多いですが、これを計算するとかなりのお金になります。このように浪費を見直すと毎月2万円程度のお金を増やすことができます。

・セールだからと買わない
買い物をしているときにセールをしていると、ついついと安いからと余計なものまで買ってしまうことは多いはずです。服も買おうと思っていたものではなくセールで安かったからと目的としていたものと違うことも多いはずです。
セールだからと余計なものまで買ってしまうのは浪費になるので気をつけましょう。

・無駄な月会費、年会費を見直す
使用していない物やサービスにお金を支払ってしまっていることはよくあります。節約でお金を増やしたいならこれらを解約してしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*