わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

2016年 5月 の投稿一覧

資産運用する際に気をつけたい落とし穴とは?

資産運用で老後に備えたい!でも…

 

老後にむけて資産運用などを検討する場合もあるでしょう。これからの老後生活に備えるとなれば少しでも高い利回りでと考えたいところですが、あまりにも高い利回りを求めれば大きなリスクを抱えてしまう危険もあります。増やそうとしたのに資産が目減りしてしまうことになっては本末転倒です。

  続きを読む

セミナーに参加したつもりが…怪しい勧誘に注意!

セミナーでのトラブルに巻き込まれないために

 

新社会人に多いトラブルが新卒者向けのセミナーなどに誘われて参加したら怪しい勧誘に遭遇したというケースです。これから勉強する必要のある新社会人にとって、積極的にビジネスセミナーに参加することは、仕事に対する考え方や起業に向けての方向などを知る良い機会でしょう。

続きを読む

生命保険を修繕の積立金に使える?生命保険勧誘者の話

生命保険会社が勧めるのはなぜ医療保険?

 

生命保険で勧められるもののほとんどが掛け捨て方式の医療保険で、実際保険を活用して積立てができるということを知らない人もいます。60歳までに亡くなる確率は5%未満という数値からもわかるように実際特定の疾病に対する備えが医療保険で必要かどうかといわれるとギャンブルに近い確率ともいえるでしょう。若いうちから入ると保険料が安く済むからと言われるがままに加入し、40年間掛け捨てで生命保険会社に保険料を支払うよりも積み立てしていける生命保険に入るほうが将来的には安心できるでしょう。

  続きを読む

老後もらえる年金に対する不安を感じている人へ

どうして年金に対する不安が消えないのか

 

将来もらえるかもらえないかわからない年金に対して不安を感じるという人は少なくありません。ただ、日本の年金制度は現役時代の収入が100%保障されるという制度設計にはなっておらず、年金だけでゆとりのある生活を送ることはまず困難と考えられるでしょう。

 

続きを読む

生命保険を活用した相続税対策とは?

相続税の改正が対象者を増やす可能性がある!?

これまでは相続税の課税対象になる人は4%というごくわずかな人たちでしたが、平成27年1月1日より相続税の基礎控除が改正されたことで相続税の課税対象になる人の割合が以前よりは増えると考えられます。相続税は資産家やお金持ちだけでなく、一般大衆もその対象になっていくと予想されています。そのためこれまでは相続税は無関係と思っていた人も対象になるかもしれません。そこで活用したいのが生命保険による相続税の節税対策です。

続きを読む

悪評高い不動産投資セミナーに引っ掛からないために!

これって詐欺?どこで判断すれば良い?

どのような商売でも自社の利益のみを追求する悪質業者がいるのは事実です。見分け方は困難で、実際詐欺に合ったという話も耳にします。不動産市場は超売り手市場ですので損切しようと考える人も多いかもしれません。相続税等が改定されたことで地主に対しての業者の攻撃も加速しつつあります。

続きを読む

これは入らないほうがいい?悪評高い保険の種類とは?

プロが入らないほうが良いと判断する保険

アカウント型保険という貯蓄機能の積立口座、それに死亡や医療の保障が組み合わさった保険商品をご存知でしょうか。積立部分(アカウント部分)と保障の2段構造になっていて、毎月支払った保険料はそれぞれに振り分けられます。

続きを読む

増える貯金ゼロ世帯!?将来はそれで本当に大丈夫?

貯金が全くない世帯はどのくらい?

大企業の業績は改善されているように見えるのに、一般家庭の家計は厳しさを増している状況が続いていると感じている人も少なくないでしょう。貯金がゼロの世帯も増えつつあり、2人以上の世帯では約3割、単身世帯の約4割が貯金ゼロ世帯と言われています。この貯金ゼロから脱出するためには、効果的な貯蓄方法を行っていく必要があります。家計のタイプに合わせてまずは先取り貯蓄で貯金を増やしていくことを考えてみましょう。

続きを読む

お金を増やすには?貯金のコツは上手な資産運用!

貯金を増やすため欠かせない「資産運用」とは

資産運用とは持っている貯蓄や投資した資産を効率的に増やしていくことです。貯金でお金を増やすコツは、この資産運用が上手にできるかどうかが大きく関係します。資産運用には資産の目減りなどのリスク、そしてお金を生み出すというリターンが必ず存在します。

続きを読む

みんなどのくらい貯めてる?20代の平均貯金額はいくら?

単身で生活する20代の貯金額

社会人生活がスタートする20代。金融広報中央委員会が平成26年に行った「家計の金融行動に関する世論調査」では、単身世帯で生活する20代の年間手取り収入に対する貯蓄割合は、平均19.0%。金額にすると平均預貯金額200万円という結果です。年収300万円未満の人で平均約101万円、年収300万円以上500万円未満の人は平均約273万円貯金しています。

続きを読む