わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

2016年 6月 の投稿一覧

投資信託の毎月分配型は損?知っておくべき分配金の仕組み

人気の高い投資信託「分配型投資信託」

投資信託の中でも高い人気を誇るのが分配型投資信託。その中でも毎月分配型と言われる商品は特に根強い人気があります。リタイア後に年金受給で生活している高齢者にとっては、2か月に1度の年金支給だけでなく毎月分配金が受け取れることにメリットを感じるようです。

続きを読む

投資信託の基準価額は安い高いどっちが得なの?

投資信託の基準価額とは

基準価額は投資信託の値段といえるものですが、例えば10,000円のファンドと5,000円のファンドがあったとしたら、どちらの投資信託が得に感じますか?投資信託で投資を行っている全ての資産の時価の合計に利息や配当収入を加えて、信託報酬などの費用や分配金を差し引き純資産額の算出を行います。純資産額は投資信託の規模を表しているといえるでしょう。その純資産額を投資信託全体の口数で割ったものが基準価額になります。

続きを読む

進む高齢化の社会の進行状況は?高齢化率の上昇

世界全体で人口爆発が生じており、1950年の25億人から2011年には70億人となり、2050年には93億人に達するのではないかと予想されています。その人口増加と同時に上昇しているのが高齢化率です。2010年の7.6%から、2060年には18.3%という数値まで上昇が見込まれています。

続きを読む

最近の金融ニュース「家計の金融資産額は?」

 資金循環統計による家計の金融資産額について

 家計の金融資産額について、日本銀行が2016年3月25日に発表しました。2015年12月末の資金循環統計による家計の金融資産額は1,741兆円、その額は2015年6月末時点の額を7兆円上回ります。それでは家計の金融資産額について、それぞれの内訳を見てみましょう。

  続きを読む

投資詐欺に注意!高齢者を狙った巧みな犯行とは?

被害を未然に防ぐために

詐欺的に投資勧誘を行うことによる被害が、高齢者を中心として発生しています。ここ数年で投資詐欺に狙われた人の約65%が60代以上の人です。

元本保証の上、必ず儲かる方法をこっそり紹介しますと巧みな勧誘にうっかりのってしまい、お金を出せば元金の大半は戻ってきません。いざ話しが違うということで勧誘した業者へ連絡を取ろうとしても連絡が付かないという状況に陥ります。

続きを読む

高額療養費制度とは?医療費は意外と少なくてすむ?

医療費は一定額までの支払いで大丈夫

高額療養費制度とは、病院や薬局などで月の初めから終わりまでに支払った医療費が一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給してくれる制度です。高額療養費は年齢や所得に応じて、支払う医療費の上限が定められています。他にもいくつかの条件を満たすことで負担を軽減できる仕組みもあります。

続きを読む

年金は破綻寸前?日本の高齢化

少子高齢化による年金への不安

急速に少子高齢化が進んでいる日本。もう既に4人に1人以上が65歳以上であるという高齢社会に突入しています。そうなると将来の年金、介護、医療、介護などの社会保障に対しての不安は増すばかりですが、負担は赤字国債といった形で将来に先送りされているのが現状です。年金破綻を感じさせる日本の高齢化の特徴には次のようなものがあります。

続きを読む

投資信託の仕組みとは?

投資信託は投資家から集めたお金を、ひとつ資金としてまとめて運用の専門家が運用する商品です。株式や債券などで行った運用成果が、それぞれの投資額に応じて分配される仕組みになっています。投資家から集めた資金の運用対象となる商品は、投資信託ごとの運用方針に基づいて専門家が行うため、初心者でも取り組みやすい投資方法です。

続きを読む

税金対策に!個人年金保険控除の活用方法とは?

節税効果抜群の控除制度

個人年金保険の保険料は所得税法により「個人年金保険料控除」という制度を利用することができます。1年間に支払う個人年金保険料の一部を所得額から控除として差し引くことができるという制度で、所得税と住民税の両方を軽減することができるため節税効果があります。

続きを読む

死亡退職金や生命保険を活用した節税対策とは

節税や納税資金対策として

死亡退職金とは会社に長く勤めた人に対して功労の対価を遺族へ支払うものです。通常の退職金と何も変わりないように感じるかもしれませんが、死亡時に遺族へ支給されるため相続税の対象になるという点が大きな違いです。また、被相続人が生命保険を契約し負担していた場合、受け取る保険金もみなし租遺族財産として相続税の対象になります。

続きを読む