わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

2016年 8月 の投稿一覧

個人年金を受け取る時に課税される所得税について

現役世代の約2.6人で1人の高齢者が受給する年金を支えている今、2040年は現役世代の約1.4人が1人の高齢者を支えることになると言われています。

現役世代1人に重みがのしかかる状態になる上、日本人全体の人口は減少している状況なので現実的に厳しい状況がやってくると予想されます。

そのような老後の支えの1つとして、民間の保険会社の個人年金保険は老後資金に活用できる保険です。

受け取った年金については長く支払い続けた保険料に保険会社の運用益が加算されて支払われますので、支払った保険料と受け取った金額との差額には税金がかかります。

続きを読む

30代の平均貯金額は?いくら貯めればいいかわからない人へ

30代は人生のターニングポイントとも言える年代です。

独身者、既婚者、子どもの有無など様々な人が入り交ざる世代のため、生活スタイルも様々であると言えるでしょう。

人生のイベントの際は貯金していたお金を使う時でしょうし、実際結婚後に子供を授かると様々な出費により貯金自体が厳しくなることもあります。

現在の30代の人たちがどのくらいの額を貯金しているかは、生活の環境や状況によってどのくらいの額を貯金にまわすことができるかによって違ってくるでしょう。

続きを読む

マイナス金利なのになぜ円高?

円安に導くために導入されたマイナス金利政策は半年を過ぎても日銀の意図とは裏腹に、円相場は1ドル100円の節目を突破し、物価は下落基調。しかも銀行の貸し出しも増える傾向はありません。

このままでは何のためのマイナス金利導入だったのかと、日銀の狙いは外れたままになるのでしょうか。

続きを読む

マイナス金利とは?日銀が行った金融緩和策の現状について

金融機関は日本銀行に当座預金を持っていますが、任意で預けている額については金利がマイナスになるという政策がマイナス金利政策です。

預けたままでは手数料が取られてしまうことになるため、金融機関が日銀に預けていたお金を企業や個人に融資していけば経済が活性化されるのではという期待によって実施されました。

日銀は当座預金口座の金利全体を0.1%、0%、-0.1%という3段階に分けることで、金融機関の収益が大きく悪化しない配慮をしています。

続きを読む

個人年金保険を選ぶ基準は返戻率以外に何がある?

個人年金保険は老後のために個人で年金を蓄える私的年金ですが、銀行で預金するより高い利息が期待でき所得税と住民税で控除制度があるなど節税対策にも利用できます。

個人年金保険を検討する際にはまずなるべく返戻率の高いところでと考えるでしょうが、保険料払込期間満了までの年数によって返戻率も差が出てきます。

30代と50代では30代のほうが返戻率は高くなることを理解しておきましょう。

続きを読む

子供のいない夫婦の老後資金はいくら必要?

子供のいる家庭の場合、将来子供が結婚して家族を持てばいずれは同居して生活を共にしながら一生を終えるということも選択肢として検討できます。

しかし子供のいない夫婦の場合、自立して生活をしていくしかないので老後資金は通常よりも少し多めに、そして確実に準備していく必要があります。

自立するためには人とのつながりなども大切になりますし、仮に夫が先に亡くなった場合には残された妻が生活に対しての不安を持たなくてよいように遺族年金についても理解しておく必要があります。

続きを読む