わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

2017年 11月 の投稿一覧

個人年金保険は節税になる?税金面で得をするその理由とは?

老後の生活費を公的年金だけ補う事はできないと、民間の生命保険会社が販売している個人年金保険に加入する人は少なくありません。このような自助努力による老後への備えは、今後ますます必要になってくると言えるでしょう。
ではなぜ個人年金保険が老後の備えとして選ばれているのか、その理由に加入する事で利用できる税制上の優遇措置などが挙げられます。

続きを読む

投資信託の推移は?運用成績を調べる方法が知りたい!

投資信託でこれから運用を始めようという人は、ファンドを選ぶ目安として運用成績なども確認する事になるでしょう。しかし投資信託の推移や運用成績を確認する時に、どの様なもので調べて行けば良いのか分からない、という事はありませんか?
運用成績は次の様な方法で簡単に調べる事ができますので、ファンド選びの参考にしてみてください。

続きを読む

楽天資産形成ファンド(楽天525)ってどんなファンド?

楽天証券だけで販売が行われているバランスファンドに、「楽天525」の愛称である「楽天資産形成ファンド」があります。
運用は明治安田アセットマネジメント株式会社で、アクティブファンドがメインになっています。これまでのバランスファンドはインデックスの組み合わせ商品というイメージを覆すものになった投資構成のファンドでもあります。
しかしアクティブファンドの中で良いのは一部だけでは?と不安を感じる人も少なくないでしょう。しかし楽天資産形成ファンドは、高い確率でインデックスを上回った好成績を維持できていることが特徴です。

続きを読む

資産形成に欠かせないポートフォリオの作り方とは?

資産形成を考える場合、「ポートフォリオ」という考え方は欠かす事ができません。
ポートフォリオという考え方は、リスク分散を行いながらリターンを得るための資産を色々な金融商品に分散させて管理・運用していく方法です。
リターンばかりに注目していればリスク回避ができず大損を抱える可能性もありますので、自分の資産を守りながら効率的に運用できるためにも、ポートフォリオの作成をしっかり考えて行きましょう。

続きを読む

株式や投資信託の贈与は節税効果が高い?その理由は?

相続税対策に生前贈与を検討する人も多いでしょうが、それも踏まえて具体的にどの様に活用していけば良いのでしょう。
贈与をする財産でイメージをするものは、現金や預金などが多いかもしれません。しかし贈与は金銭でなくてもどの様な財産でも行えます。例えば株式や債券、投資信託などの金融商品、不動産なども可能です。
株式や投資信託、不動産の贈与などでは少し工夫することで節税が可能になるケースもありますので、どの様に贈与していけばよいか確認していきましょう。

続きを読む

貯蓄と運用のための資産保有で理想的な割合ってあるの?

貯蓄を始めようと考えた時、どのくらいの割合で資産を保有していけばよいのか迷う事はありませんか?貯蓄や運用には様々な方法があり、理想的な割合にするための配分などをどの様に考えて行けば良いのか迷うケースもあるでしょう。
しかし独身の人と家族を抱えている人が同じ給料をもらっていたとしても、給料のうちどのくらいの割合を貯蓄に充てるかは異なりますし、リスク資産に充てる事ができる金額なども異なります。
そのため年齢や家族構成、今後迎えるライフイベントなどを踏まえて考える必要があるでしょう。

続きを読む

超低金利時代でも資産形成!高い利回りで運用するには?

超低金利と言われる今の時代で、銀行の定期預金にお金を預けていても0.01~0.1%という金利でお金は増える状態だとは言えません。
お金が倍になるまでどのくらいの期間を「72の法則」という計算方法を使って確認してみると、「72÷0.01=7,200」となり、7,200年必要だという事がわかります。
銀行などにお金を寝かしたままでは意味がないので、出来るだけ利回りの良い方法で資産を運用していく事が将来の資産形成に繋がると言えるでしょう。

続きを読む

個人事業主が2階部分を補うために加入したい年金とは?

日本の公的年金は、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が対象となる「国民年金(基礎年金)」、会社勤めの人が加入する「厚生年金」の2階建てになっています。
生活スタイルによって加入する年金と保険料が異なる事になりますが、会社員や公務員などは国民年金と厚生年金に加入するのに対し、個人事業主など自営業者や学生、専業主婦、無職の人などは国民年金だけに加入する事になります。

続きを読む