わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

2018年 1月 の投稿一覧

資産形成と資産運用を行なっていく必要性

資産形成とは、将来の自分や家族を養っていく資産を作ることをいいます。

世の中はもうすぐ「シンギュラリティ」を迎えると言われており、AI技術の発展によって人類の仕事の約半分はなくなると言われています。また、現在の日本の現状として、少子高齢化など課題が多く、その解決の道筋も立っていません。

将来の私たちがどのような生活を送っているのか、全く想像がつきません。現在より生きにくい世の中に変わっているかもしれません。

どのような未来が私たちを待ち受けても、生きていけるように備えとして、今から資産形成を行う必要があります。人それぞれ将来のビジョンによって必要な資金は違いますが、それぞれが叶えたい未来のためにどのような資産形成や資産運用を行って行けばよいのか考えてみましょう。

続きを読む

個人年金に複数入る必要性はあるのか?

個人年金にすでに入っているけど、保険会社の人に今ならいい金利で入れるからと進められてどうしようか悩んでいるという人や、老後が心配で複数入っておこうかなと考えている人もおられるかと思います。個人年金に複数入る必要性があるのか見ていきたいと思います。

続きを読む

貯蓄預金よりネット銀行の普通預金の方がオススメな理由

貯蓄のための口座と言えば、定期預金が一般的です。しかし、定期預金には預入期間が設定されているため、一度預金してしまうと、一定期間、資金を引き出すことができないというデメリットがあります。そのため、冠婚葬祭等の臨時出費があった場合や、給与収入が減って生活費が不足するようになった場合など、やむを得ない場合を考えて、貯蓄預金にしようかなどと考えている人もいると思います。しかし、現在貯蓄預金は全くオススメ出来ない商品になっています。

続きを読む

定期預金代わりに毎月分配型投資信託を買うのは危険!?

投資信託は銀行でも買えるため、「利息がほとんどもらえない定期預金よりも、毎月分配型投資信託にしてはいかがですか?」などと勧められ、よく理解しないまま、定期預金を解約したり、満期になった定期預金で買ってしまう人も
少なくありません。しかし、大抵の場合銀行が手数料稼ぎのために勧めており、実際は損をしてしまう場合がほとんどです。そのため定期預金代わりに投資信託を購入するのは危険なのです。投資信託の仕組みをきっちりと知り、銀行員の話を鵜呑みにするのではなく、自分でも判断できるようになることが大切です。

続きを読む

個人年金と個人型確定拠出年金(iDeCo)どっちがいいの?

公的年金は将来、減額や支給開始が遅くなる可能性が高い。老後を安心して過ごすために、個人年金に入った方がいいのかとかと考えているかたも多いかと思います。老後資金の形成手段としては、保険会社が販売する貯蓄型の個人年金保険のほか、個人型確定拠出年金(iDeCo)があります。入るならどちらがいいのか紹介していきたいと思います。

続きを読む

貯蓄がない老後の生活はどうなるか

「貯蓄が無くて老後が不安」「老後の貯蓄をしていないけどなんとかなるだろう」このように考えている人は多いと思います。実際に貯蓄がないとどのような老後の生活になるのか見ていきたいと思います。

続きを読む

リスクを取らず安全に貯蓄する方法

金融機関に貯蓄したいけど、マイナス金利政策の影響で昔と違って銀行も不安だし、一体どこが安全なのかわからなくて不安という方も多いのではないでしょうか。安全に貯蓄しながらも、リスクの少ない普通預金や定期預金で少しでもお金を増やす方法を紹介していきます。

続きを読む