わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

2017年 8月 の投稿一覧

投資信託で運用するなら知っておきたい平均利回りとは?

投資信託の利回りとは銀行預金での利率のようなもので、一般的に1年間のリターン利率をあらわします。
日本人の多くが利用している銀行預金を利用しても、超低金利言われる状況のため預金の種類にもよりますが0.001%や0.02%などの利率です。
銀行預金ではほとんど利息はつかないに等しい状況の中、投資信託で期待できる平均利回りは4~6%という、まるでバブル到来のような利回りが期待できます。ただし仕組みを理解した上で、どのような資産に投資するかを考えて行くことが大切です。

続きを読む

本当に儲かる投資信託が埋もれてしまう理由とは?

日本では銀行や証券会社などの販売会社の力が強い傾向があり、このような特定の販売会社のために作れた金融商品も多く存在します。
投資信託もその1つで、過去には証券会社や銀行で自分たちが売りたいファンドを売ることでビジネスが成り立つ状態でもありました。
このような販売会社主導の業界慣習が投資信託を専門とする専門家を育成の妨げになってきたと言っても過言ではなく、6,000を超える投資信託の中で本当に優れたファンドの提案ができる専門家はほとんど存在していません。

続きを読む

資産形成と資産運用を区分けすることが重要な理由とは?

先々安心した生活を送るためにも、これまでお金を貯めることを意識しなかった人でも「資産形成」を考えていく傾向が強まっています。
その一方、従来から金融機関の窓口などで「資産運用」という言葉を目にすることもありますが、「資産形成」と「資産運用」は何が違い、何のために区分けされているのでしょう。

続きを読む

投資信託の利率はどのくらい?ポートフォリオの組み方は?

投資信託で積み立てをして資産を増やそうと思っても、実際にどのくらい資産が増えるのか疑問がある人もいると思います。
資産を増やすために確認しておきたい運用利回りは年何%で運用するかを表しますが、毎月いくらをどのくらいの期間、何%の利回りで運用するかが問題です。

続きを読む

貯蓄に人気が高い生命保険「終身保険」ってどんな保険?

自分で銀行預金にお金を預けていれば、貯蓄が出来てさらにいつでも必要な時にお金を使えるので便利が良いと思うかもしれません。
しかしいつでもお金が引き出せるということが貯蓄の妨げとなり、お金を積み立てることが進まないケースもあるようです。
このような場合に活用したいのが生命保険で、貯蓄型と言われる生命保険であれば死亡保障を確保しつつ、貯蓄も可能になります。

続きを読む

貯蓄を見直す時のポイントは積立を取り入れること

せっかく給料が入っても、無計画な状態でお金が貯まらないと言う人が積極的に取り組むべきなのか毎月一定の額を自動的に貯めて行く積立貯蓄です。
銀行の積立定期預金は普通預金口座から自動的に振り替えられます。毎月の給料や年数の賞与の受取口座として指定している口座から受取った直後に振り替えられるようにしておくことで、強制的に貯蓄することが可能となります。

続きを読む

投資信託はメリットとデメリットを理解した上で始めよう!

資産運用に投資信託を始めようと思っている人は、まずどのようなメリットとデメリットがあるかを理解した上で始めることをお勧めします。
実際に開始してから後でこんなはずではなかった…知らなかったということにならないためにも内容を把握しておくことが必要です。

続きを読む

投資信託の買い時や売り時などタイミングの見極め方法は?

投資信託は日々価格が変動する株式や債券といった有価証券などに投資していますので、基準価額は毎日変動することになります。しかし株式のように売買する時の値段を決定づけることはできません。
注文する時点での基準価額はまだ決定していないので、受注の締め切り後に算出される基準価額によって約定価格が決まります。
さらに投資先が国内なのか、それとも海外かによっても基準価額が決まるタイミングが異なるという特徴があります。そのためいつ売買をすれば良いかタイミングがわかりにくいと感じる人もいるかもしれません。

続きを読む