わかりやすい資産形成の情報を発信してまいります

2017年 5月 の投稿一覧

生命保険を資産形成に活用するなら個人年金保険が良い?

資産形成は老後を含めた生涯のお金についてのマネジメントを行っていくことです。節約してお金を残すことだけでなく、将来へ備えるために早期の利益を目指す資産運用も必要となるでしょう。
生命保険をこの資産形成に活用するには、お金を運用で増やし、年金として使うことができ、さらに保険として残すといった機能を併せ持った「個人年金保険」に注目してみましょう。

続きを読む

個人が受取る年金の今後の問題点とは?

日本の年金制度は国が主体となり、国民を対象として運営する公的年金、そして国以外の機関が主体で運営する私的年金があります。
公的年金は20歳以上の全ての国民が加入する国民年金、そして会社員など企業の従業員が加入する厚生年金保険です。
私的年金は企業が従業員を対象として運営する企業年金があります。自営業者が任意で加入できる国民年金基金、民間の生命保険会社等の個人年金保険、勤務先企業を通して従業員が積立てていく財形年金などがあります。

続きを読む

投資信託の損切りのタイミングとは?

投資の難しさはどこにあるか考えた場合、やはり価格が変動することで正しい判断ができるかどうかでしょう。
保有する資産の価格が下がれば、そのまま保有して上がるのを待つのか、同じ資産を買増して平均購入単価を下げるのか、いっそ売却して損失を確定するかを検討することになるでしょう。

続きを読む

貯蓄が増えるためにどのような工夫をすれば良い?

将来のためにお金を準備することはとても大切です。老後破綻という見出しを最近見かけるようになりましたが、内閣府の調査では日本の65歳以上の単身世帯の貧困率は48%と結果が出ています。
生活保護を受給している現在65歳以上の高齢者は78万人と言われており、年々増加傾向にあります。

続きを読む

30代40代の資産形成におすすめのポートフォリオとは?

ライフプランや資産運用に対する目的は個人によって違うため、運用を取り巻く環境も色々と変化することが考えられます。そのためポートフォリオの構築は人それぞれだと言えますが、ポートフォリオや資産運用への基本的な考え方は理解しておく必要があります。
投資対象や投資手法などが拡張している投資信託を活用しつつ、年代別に資産運用の考え方やポートフォリオを考えていくようにしましょう。

続きを読む

個人年金保険は種類によって最低限受取可能な金額が異なる?

個人年金保険は国民年金や厚生年金などの公的年金と別で私的に老後資金として準備するためのものです。公的年金だけでは不安な部分を補い、長生きリスクに備えることができるでしょう。
また、種類によって最低限受取ることができる金額なども異なります。内容を良く理解した上で契約することが大切です。

続きを読む

投資信託のやめ方とは?解約のタイミングはいつ?

投資信託は投資で長期運用するために向いている金融商品です。
しかしマーケットに変動がある場合には、いつまで保有すれば良いのか、値の上がり下がりはこのまま見守っていいのかなど迷うこともあるかもしれません。
いつやめれば良いのか、そしてどのように解約するのかなど、投資信託の売却について知っておくようにしましょう。

続きを読む

運用初心者が資産形成で作った資産を老後資金に活用するには?

これまでは貯蓄に意識が高かった人でも、時代の流れで資産運用による資産形成を考える人が増えています。
老後資金を目的にしっかりと自身の資産を形成していくことを考える人がほとんどだと思いますが、実際に資産形成や資産運用とはどのようなことを指すのか理解が難しいという場合もあるでしょう。
資産運用の初心者でも今後の資産形成に活用できるように、これらの意味を理解していきましょう。

続きを読む

投資信託での積立投資は老後資金の資産形成に活用できる?

マイナス金利の状態が続いているため、銀行に預金していてもお金を増やすことはできません。
しかし年金制度も今後はっきりしないことから、ただお金を預けておくのではなくお金を増やしたいと思う人も多いでしょう。
しかし投資は損をする可能性があるため不安だと感じる場合、どのような方法で資産形成をして行けば良いか悩むと思います。
一般の人でもお金を増やす方法として活用しやすいのが「投資信託」です。投資信託は一括で自分が決めた金額分購入する方法と、毎月一定金額を購入していく方法があります。

続きを読む

個人年金を頭金にして新たな保険に契約するのは損?

現在の契約を活用して新しい保険に契約をする方法を「転換」と言います。契約中の積立部分や積立配当金を頭金のように新しい契約の一部に充てるという方法ですので、元々の契約は消えてなくなります。
主契約と特約の組み合わせ、保障額、保険期間、保険料、払込方法、払込期間、配当方法というように、色々なことを総合的に変更して新しく契約し直すことができるため、保険の見直しという意味ではメリットがあると思うかもしれません。
しかし転換前と転換後で内容がどのように変わるのかをしっかり理解し、納得した上で契約しなければ損をすることもありますので注意が必要です。

続きを読む